吹き抜け
吹き抜け

 明るいリビングは家族団らんの場。
 二階の子供室には吹き抜けに面した窓を設け、リビングと子供室で気軽にコミュニケーションを取ることができます。たとえばキッチンで料理中に、「ちょっと手伝って」とか「ご飯ができたよ」などといった声が届くので、わざわざ手を止めて伝えに行かなくてもいいのです。
 吹き抜けに光の入る窓を設けると、上部からの優しい光がリビングに広がります。また、縦の空間で開放的な雰囲気に。